ニュース

ニュース

2018年世界知名大学西安博覧会に参加

  5月13日、2018年世界知名大学西安博覧会が西安交通大学に開催され、当センターのスタッフ 王が参加しました。

  午前9時、盛大な開幕式が四大発明広場にて行われ、西省委常委、西安市委書記王永康、西安交通大学党委書記张迈曾、学長王国より挨拶がありました。26の国や地域から87校の代表157名が出席し、タイムズ紙、在中国マレーシア大使館の代表も参加しました。

 開幕式の後、各学校のブースでは来場者が大勢集まり、西安交通大学を始め、西安市の各大学や中学の在学生や保護者達が来場しました。西安交通大学の工、医、材料、経済などの学部生や大学院生などが本学に高い関心を持ち、大学院生の専攻内容や募集方法などの詳細について質問しました。また、西安交通大学は本学と協定校であるため、交換留学プログラムNUPACEや短期研修プログラムNUSTEPについて問い合わせに来た文系学生も多数いました。当日は33度を超える猛暑でしたが、西安交通大学学長は各ブースで直接挨拶され、また、多数ご来場頂いた学生や保護者の真剣な姿勢に感心されていました。当日は100冊の資料が配付切れとなりました。


 詳細は下記リンクでチェックしてください。

  

1527151974736685.jpeg

西省委常委、西安市委書記王永康がご挨拶

 

1527151339683567.jpeg

西安交通大学学長王国がご挨拶

 

 




分享到:
クリック数:  更新日付:2018-05-15 13:56:22  【印刷】  【閉じる